2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 涼風家シネマクラブ■ゴジラVSスペースゴジラ | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ゴジラVSデストロイア »

2011年8月27日 (土)

涼風家シネマクラブ■雲南の少女 ルオマの初恋

監督/チアン・チアルイ
キャスト/リー・ミン、ヤン・チーカン、シュー・リンユエン、、ほか
2002/中国/90分

 中国雲南省にハニ族という少数民族がいる。ハニ族は、棚田で稲作をして暮らしており、その風景はユネスコの自然遺産にも登録される美しいものだ。
 とはいえ、ハニ語という独自の言葉を持ち、中央とは隔絶された田舎であることは否めない。生活も貧しく、若者は都会に出稼ぎに出て行く。
 17歳のルオマは、おばあちゃんが作った焼きとうもろこしを籠に担いで、町へと売りに行く。そこで出会ったのは、漢民族のカメラマン、アミンだった。
 アミンはとうもろこしを10本買うのだが、その代金が手元になく、替わりにウォークマンをルオマに渡す。初めて耳にする音楽は、ルオマに新しい世界を夢見させるのに十分だった。
 翌日、外国人観光客を案内して村にやってきたアミン。そこで民族衣装に身を包み、とうもろこしを売るルオマに、観光客たちが群がり、いっしょに写真を撮りたがるのを見たアミンは、ルオマに観光客といっしょに記念写真をとる仕事を持ちかける。そしてそれは当たり、行列ができるほどの人気だった。
 しかしルオマが持ち帰ったお金を見て、おばあちゃんは表情を曇らせる。
 ルオマの夢は、出稼ぎに行っている友達に聞いた、エレベーターというものに乗ること。アミンはいつか都会にルオマを連れて行き、エレベーターに乗せると約束するのだが、アミンを援助してきた年上の彼女がやって来て、「これ以上の援助はできない」と告げるのだった。
 都会に戻ることを決心したアミン。そんなアミンとルオマに、おばあちゃんはハニ族に古くから伝わる恋人同士の儀式の話を聞かせるのだった。
 中国映画で恋愛ものというと『初恋の来た道』を思い出される人もいるだろう。この『ルオマの初恋』は、それに続く、中国の少女のピュアな恋心を描いた作品である。少女の思いを味わって欲しい。

« 涼風家シネマクラブ■ゴジラVSスペースゴジラ | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ゴジラVSデストロイア »

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1533253/41164363

この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ■雲南の少女 ルオマの初恋:

« 涼風家シネマクラブ■ゴジラVSスペースゴジラ | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ゴジラVSデストロイア »

フォト

涼風家(すずかぜや)の電子書籍

  • ブクログのパブー