2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« シネマニュース■「東京公園」ロカルノ映画祭 受賞凱旋上映決定! | トップページ | 涼風家シネマクラブ■不完全なふたり »

2011年9月 2日 (金)

シネマニュース■第7鉱区、11/12(土)より全国ロードショー!

謎の深海生物?? 奴らは“生きる巨大エネルギー”
オール国内CGによる、韓国初の本格3Dアクション超大作!

 1970年代、九州の西に位置する東シナ海で石油や天然ガスなど豊富な資源の存在が確認され、日韓共同開発区域「第7鉱区」として開発計画が立てられた。しかし、共同開発は進まず、産油国を夢見る韓国の石油ボーリング船エクリプス号が細々と採掘を試みるが、毎度作業は失敗、ついに本部から撤収命令が下される。石油があると信じてきたへジュン(ハ・ジウォン)と隊員たちが最後の作業にとりかかろうとしていたある日、本部との通信が途絶え、隊員たちが次々と何者かに襲われていく。逃げ場のない閉ざされた空間で、一体何が起きているのか?そこに姿を現したのは、謎の巨大な深海生物だった──やがて、その驚くべき正体が明らかになる・・・。
 主演は、"韓国のアンジェリナ・ジョリー"ことハ・ジウォン。タンクトップ姿で未知なる深海生物と闘う姿は、『トゥームレイダー』『バイオハザード』『エイリアン』等のヒロインに勝るとも劣らぬ迫力を感じさせる。さらに、韓国の国民的俳優であるアン・ソンギやオ・ジホといった名優が脇を固める。監督は、『光州5・18』で一躍ヒットメーカーとなったキム・ジフン。
 韓国では公開4日間で150万人を動員し、2011年オープニング記録を樹立。豪華キャスト&スタッフが集結し、100億ウォンの製作費をかけたオール国内CGによる韓国初の本格3Dアクション超大作が、ついに日本に上陸します。

※"第7鉱区"とは⇒1970年代、九州・鹿児島西部の水域で、サウジアラビアの10倍近い石油と天然ガス資源の存在が確認された。その後、日韓共同開発区域として、資源調査・開発を行なうことになったのが、"第7鉱区"である。3,600万トン以上の石油や天然ガスが埋まっていると推定されたが、開発が進まず、今や"第7鉱区"は忘れられつつある存在となっている。

監督:キム・ジフン/脚本:キム・フィ、ユン・ジェギュン
出演:ハ・ジウォン、アン・ソンギ、オ・ジホ、イ・ハンウィ、パク・チョルミン、ソン・セビョク、チャ・イェリョン、パク・ジョンハク
2011年/韓国/101分/カラー/ビスタ/ドルビーSRD/原題:7鉱区/韓国公開日:2011/8/4(木)
配給:CJ Entertainment Japan (c) 2011 CJ E&M Corporation. All Rights Reserved 
http://www.d7-movie.com

11月12日(土)より、新宿バルト9他にて全国ロードショー!

« シネマニュース■「東京公園」ロカルノ映画祭 受賞凱旋上映決定! | トップページ | 涼風家シネマクラブ■不完全なふたり »

シネマニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1533253/41456528

この記事へのトラックバック一覧です: シネマニュース■第7鉱区、11/12(土)より全国ロードショー!:

« シネマニュース■「東京公園」ロカルノ映画祭 受賞凱旋上映決定! | トップページ | 涼風家シネマクラブ■不完全なふたり »

フォト

涼風家(すずかぜや)の電子書籍

  • ブクログのパブー