2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 涼風家シネマクラブ■REC・レック | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ろくでなし稼業 »

2011年12月13日 (火)

涼風家シネマクラブ■1980(イチキューハチマル)

監督・ケラリーノ・サンドロヴィッチ
キャスト/ともさかりえ、蒼井 優、犬山イヌコ、及川光博、田口トモロヲ、ほか。

 80年代に対する再評価がじょじょに高まっている。今回取り上げる映画『1980(イチキューハチマル)』もそんな80年を舞台にした作品。1980年12月9日、ジョン・レノンが殺された翌朝から大晦日までの、ある三姉妹を描いた映画なのである。
 監督はその80年代に「ナゴム・レコード」というインディーズレーベルの先駆け的なメーカーで「筋肉少女帯」や「たま」といったバンドのプロデュースをし自らも「有頂天」というパンクバンドで活動していたKERAことケラリーノ・サンドロヴィッチ。これが監督第一作となる。ケラは「有頂天」以後も「劇団健康」や現在の「ナイロン100℃」の作・演出家でもあるので、満を持しての映画進出といったところ。
 小道具など80年12月までに存在したものだけですべてを構成した(1部演出意図からその限りではないものもあるが)のもこの監督ならではのこだわり。
 出演は、元アイドルでメチャクチャに男に惚れっぽくすぐに寝てしまう次女をともさかりえが、高校生の三女を蒼井優がそれぞれ好演し、長女で高校教師を犬山イヌコがナチュラルに演じている。ほかにともさか演じるキリエの元マネージャーに田口トモロヲ、ともさかがアイドルになるきっかけを作った歌手役に及川光博などが出演している。
 監督は80年代をポジティブに捉え直したい、再評価したいということを言っているが、これまで80年代といえば不毛なイメージで語られることが多く、再評価したいという気持ちはケラ以外にも強く思っている人は多いだろう。とくに80年代の初期というのはまだまだ評価に値するものがあったハズだ。映画の中でもモチーフとして使われるテクノポップな音楽やファッション、ウォークマンの登場といった文化など80年代が生んだものは少なくはない。
 とはいえ、この映画にとって80年という時代設定が本当に必要だったかはちょっと疑問。その時代を生きたものによるノスタルジーの域をあまり出ていない感もあったりする。けっきょくその時代に生きていなかった人々によって評価されるのを待つしかないのかもしれない…。

「微熱」03年 月号掲載

« 涼風家シネマクラブ■REC・レック | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ろくでなし稼業 »

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1533253/43123250

この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ■1980(イチキューハチマル):

« 涼風家シネマクラブ■REC・レック | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ろくでなし稼業 »

フォト

涼風家(すずかぜや)の電子書籍

  • ブクログのパブー