2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月

2012年1月25日 (水)

テオ・アンゲロプロス監督が交通事故死

[映画.com ニュース] 「旅芸人の記録」などで知られるギリシャの巨匠、テオ・アンゲロプロス監督が、1月24日(現地時間)、交通事故に遭い死去したと欧州複数メディアが伝えた。76歳だった。

アテネ近くのピレウスで道路横断中にバイクにぶつかり病院に搬送され、その後息を引き取ったという。最新作の撮影中だった。

アンゲロプロス監督は、アテネ大学卒業後フランスに留学。フランス国立高等映画学院で映画製作を学んだ。1970年に初の長編映画を発表。長回しや曇天時での撮影が特徴で、現代史3部作と呼ばれる、当時の軍事政権を揶揄した「1936年の日々」(72)、ギリシャ神話を基にした長編「旅芸人の記録」(75)、7人の男たちが過去を回想する幻想的な作品「狩人」(77)の3作品で世界的な評価を得た。

また、ギリシャ現代史を描いた大作「アレクサンダー大王」(80)でベネチア映画祭金獅子賞、詩人と難民の子どもとの交流を描いた「永遠と一日」(98)でカンヌ映画祭パルムドールを受賞している。

20世紀を題材にした新たな3部作の第1部「エレニの旅」のプロモーションで05年に来日しており、第2部で、09年にベルリン映画祭で公開された「第三の翼」の日本公開が決まっている。

*******************************************

 上記のように、大変残念なニュースがありました。
 アンゲロプロス監督の作品は大好きで、DVDでも繰り返しみていたりします。

 最新作制作途中とのことで心残りではあったでしょうが、ご冥福をお祈りいたします。

2012年1月 8日 (日)

涼風家シネマクラブ■ろくでなし稼業

監督/斎藤武市
キャスト/宍戸 錠、二谷英明、吉永小百合、南田洋子、金子信雄、ほか。
1961年/日本/53分

 宍戸 錠の主演第一作。
 とある港町に、貨車に無賃乗車してやって来た矢野(宍戸)は同様に貨車から降りてきた黒田(二谷)と意気投合し行動をともにするようになる。そして大栄海運という会社の裏の仕事(ボロ船を故意に沈没させて保険金を搾取する)を引き受けたふたりは、この会社の前社長の息子に成り済まして一儲けしようとするのだが…。
 主演第一作とは思えない宍戸 錠の堂々とした演技が光る一本。金子信雄の悪役もいいし、タイプの違う二谷の共演も成功している。
 今回、この作品と同じ宍戸主演の『早射ち野郎』を続けて観たのだが、キャスティングがよく似ていた。悪役に金子というのはいいとしても、キャバレーの女に南田が両作品で出演していて、両作品とも宍戸にべた惚れしてしまうというところも同じなのは、当時のアクション映画の「お約束」の部類なのだろうか。
 作品に登場する港町(セットの中の)は、貸本劇画の世界を彷彿とさせるが、お互いに影響し合っていたような気がしないでもない(もちろん劇画の方が映画からの影響が強かったはずではあるが)。
 二転、三転するどんでん返しにテンポのいい演出と娯楽映画として楽しめる作品である。

※2012年1月8日、二谷英明さんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

フォト

涼風家(すずかぜや)の電子書籍

  • ブクログのパブー