2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« シネマニュース■『旅の贈りもの 明日へ』公開決定! | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ガス人間第一号 »

2012年6月21日 (木)

涼風家シネマクラブ/新作紹介■シャーク・ナイト

監督/デヴィッド・R・エリス
キャスト/サラ・パクストン、ダスティン・ミリガン、クリス・カーマック、ほか。
2011年/90分/アメリカ

 本作は凶暴なサメの登場するアクションホラー(?)作品。
 サメというと『ジョーズ』を思い浮かべる方も多い思うが、本作でも秘かに、そして素早く水中から迫ってくるサメの描写は『ジョーズ』のよう。また本作の特徴といえるのは、この凶暴なサメが、自然に発生したものではなく、サメに襲われる人間を撮影することで金を儲けようとする人間が背後にいるということだろう。
 舞台となるのは湖なのだが、塩水湖でサメも生息ができる。その湖の中にある島の別荘に、大学生たち男女6人が遊びに行くところからストーリーは始まる。この冒頭部分、能天気な大学生たちがお気楽に自由気ままに行動する雰囲気で、いかにもな感じがする。この手の作品の特徴ともいえるし、あえてそういう設定にもしたのだと思うが、ちょっとステレオタイプ過ぎる気がしないでもない。
 本作では沢山の種類のサメが登場する。これもこれまでの同様の作品と違うところだろう。単に巨大で凶暴なサメばかりではなく、体長20~30センチのサメが群れで襲うシーンなどもある。
 人がサメに襲われる画像を作っている男たちが登場するわけであるが、その映像を楽しんでいるらしいユーザーの姿が出てこなかったのはちょっと残念。人がサメに喰い殺される画像で儲けている人間の狂気だけではなく、それを見て楽しんでいる人間もぜひ映し出してほしかった気がする。
 とはいえ、いつのまにかハラハラドキドキな展開に引き込まれていてしまったりして、なかなかうまい演出をしているという印象を受ける。特に主人公的な位置にあるニックの行動はヒーロー的な要素もあって感情移入しやすいのかもしれない。

 本作は7月14日より、「日劇モンスターナイトカーニバル」にて公開されます。

Photo

« シネマニュース■『旅の贈りもの 明日へ』公開決定! | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ガス人間第一号 »

新作紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1533253/45733875

この記事へのトラックバック一覧です: 涼風家シネマクラブ/新作紹介■シャーク・ナイト:

« シネマニュース■『旅の贈りもの 明日へ』公開決定! | トップページ | 涼風家シネマクラブ■ガス人間第一号 »

フォト

涼風家(すずかぜや)の電子書籍

  • ブクログのパブー