2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月11日 (火)

ニュース■キム・ギドク監督作品、ヴェネティア映画祭金獅子賞

キム・ギドク監督「ピエタ」 ベネチア映画祭最高賞
≪金獅子賞受賞≫

 第69回ベネチア国際映画祭の授賞式が8日(日本時間9日)に行われ、コンペティション部門最高賞の金獅子賞にキム・ギドク監督の韓国映画「ピエタ」が選ばれた。韓国映画の同賞受賞は初めて。ベルリン、カンヌを含めた「3大映画祭」で韓国映画が最高賞に輝いたのも初めてだ。
「ピエタ」はコンペティション部門にノミネートされた18作品のうち最高の評価を受けた。銀獅子賞には「ザ・マスター」(ポール・トーマス・アンダーソン監督)が選ばれた。北野武監督の「アウトレイジ ビヨンド」は受賞を逃した。
「ピエタ」は残酷な方法で借金の取り立てをする孤独な男(イ・ジョンジン)の前に、突然母親を名乗る女性(チョ・ミンス)が現れ、展開される愛憎のドラマ。
 キム監督は授賞式で「映画づくりに参加してくれた全ての俳優、スタッフに深く感謝する。『ピエタ』を選んでくれた全員と栄冠を分かち合いたい」とスピーチした。また朝鮮半島の民謡「アリラン」を歌って喜びを表した。
 キム監督は2004年、「うつせみ」で同映画祭監督賞を受賞している。

(2012年9月10日、聯合ニュース)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年10月 »

フォト

涼風家(すずかぜや)の電子書籍

  • ブクログのパブー