2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« シネマニュース■『恋愛だけじゃだめかしら?』公開決定 | トップページ | 新作紹介■ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 »

2012年10月 6日 (土)

シネマニュース■『伝説のファッショニスタ』邦題&初日決定

彼女が愛せば、それが流行になった―。

ダイアナ・ヴリーランド
伝説のファッショニスタ
( 原題 : Diana Vreeland : The Eye Has To Travel )

邦題&初日決定

「ハーパス・バザー」を経て「ヴォーグ」の編集長に就任し、幾多の伝説と共に20世紀のファッションを創り出した天才女性エディター“ダイアナ・ヴリーランド” を描いたドキュメンタリー映画 『Diana Vreeland : The Eye Has To Travel 』の邦題を『 ダイアナ・ヴリーランド 伝説のファッショニスタ 』 に決定。

12月22日(土)、シネマライズ他全国順次ロードショー!!

ツィギーとローレン・バコールを見出し、
ケネディ夫人のファッション・アドバイザーとなり、「ビキニは原子爆弾以来最も衝撃的」など数々の名言を残した天才ファッション・エディター。

『プラダを着た悪魔』のモデルとなったアナ・ウィンターよりも前に、世界に新しいファッションを提示し、ミニスカートやブルージーンズ、ビキニといった流行を創り上げた天才女性エディターがいた。彼女こそ、ダイアナ・ヴリーランド。ダイアナは、25年以上にわたる「ハーパース・バザー」での活躍、その後の「ヴォーグ」編集長時代を通じて、数多の天才デザイナーや写真家、そしてモデルたちを見出し、ファッション・アート・音楽・映画の可能性を切り開くことで「ヴォーグ」を斬新で刺激的な雑誌に生まれ変わらせた。彼女はその真っ黒な髪や印象的なスタイル、独特な話し方も含め、幾多の伝説と共に20世紀のファッションを創り出した天才エディターとして語り継がれている。
ダイアナ・ヴリーランドの一生を、孫の嫁である監督が、生前の本人のインタビューや今をときめくクリエーターたちのインタビューも織り交ぜて生き生きと描いたドキュメンタリー。

■監督・製作:リサ・インモルディーノ・ヴリーランド
■出演:ダイアナ・ヴリーランド  ほか   
■提供:シネマライズ
■配給:シネマライズ×ギャガ

« シネマニュース■『恋愛だけじゃだめかしら?』公開決定 | トップページ | 新作紹介■ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 »

シネマニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1533253/47319779

この記事へのトラックバック一覧です: シネマニュース■『伝説のファッショニスタ』邦題&初日決定:

« シネマニュース■『恋愛だけじゃだめかしら?』公開決定 | トップページ | 新作紹介■ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 »

フォト

涼風家(すずかぜや)の電子書籍

  • ブクログのパブー