2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月10日 (日)

シネマニュース■泣く男

2010年韓国No1大ヒット作監督
イ・ジョンボム最新作

 韓国全土に<アジョシ・シンドローム>を巻き起こし、日本でも熱狂的ファンが多い映画『アジョシ』から4年。韓国アクション映画の新境地を切り開いたイ・ジョンボム監督、待望の最新作『泣く男』が10月18日(土)より公開が決定!

 観客動員数630万人を記録し数々の映画賞に輝いた前作の『アジョシ』では、隣の家の少女を助けるために迷うことなく全てをかけて戦う元特殊工作員テシクを主人公に、感情を殺した“ぶれない男”を描いたジョンボム監督。今回の『泣く男』では罪を背負いながら任務に身を投じる孤独な殺し屋を主人公に据え、心の葛藤に揺れ動く“ぶれる男”を描き出した。“ぶれない男”と“ぶれる男”、両作の主人公はジョンボム監督の描く“男の姿”の合せ鏡とも言えるだろう。

 主人公ゴンを演じるのは、強烈な男性美と圧倒的な演技力を兼ね備えるチャン・ドンゴン。本作のためにアメリカ特殊部隊の銃撃訓練にも参加、5ヶ月にもわたる訓練を経てプロの殺し屋のアクションを体得し、肉体をシャープに絞込んだ、今までのドンゴンとは違う役柄に挑んでいる。

監督&脚本 イ・ジョンボム Profile
1971年9月生まれ。韓国芸術総合学校卒業後、2000年に短編映画『帰休』をトロント国際映画祭、ギリシア・ローマ短編映画祭に出品。2006年、初めての長編『熱血男児』で正式に監督デビューを果たす。2010年に2本目の長編映画であるアクション・ノワールの金字塔『アジョシ』を監督し、数々の賞に輝いた。新作が待望される中、ついに2014年『泣く男』が完成。

強烈なアクションと熱いドラマが一体となった、新たな“男のカタルシス”

<ストーリー>
 幼い頃にアメリカの砂漠に捨てられ、殺し屋に育てられたゴン(チャン・ドンゴン)。
 ある日彼は任務遂行中に誤って幼い少女を撃ち殺すという、取り返しのつかないミスを犯してしまう。何とか忘れようと酒に溺れるゴン。しかしその罪から逃れようともがけばもがくほど、葬り去ったはずの過去の哀しい記憶が蘇ってくるのだった。そんな彼に組織から新たな暗殺命令が出る。これが最後の任務と決め、一度は捨てた故郷の地、ソウルに降りたつゴン。そこで彼を待ち受けていたのは、哀しい因縁で結ばれた最後のターゲットと、硝煙と薬莢の嵐のような壮絶な死闘だったー。

監督:イ・ジョンボム『熱血男児』『アジョシ』
出演:チャン・ドンゴン『マイウェイ 12,000キロの真実』 キム・ミニ『火車 HELPLESS』

2014年/韓国映画/116分/カラー/シネスコ/5.1chサラウンド/日本語字幕:根本理恵/R15+

公式HP:nakuotoko.jp

10月18日(土)新宿バルト9、丸の内TOEIほか全国ロードショー

2014年8月 9日 (土)

シネマニュース■イコライザー、公式サイトオープン

デンゼル・ワシントン×クロエ・グレース・モレッツ×アントン・フークワ監督
『イコライザー』
公式サイトオープン!

 昼間は生真面目にホームセンターで働くマッコール(デンゼル・ワシントン)。元CIAの凄腕諜報員であったが、今は別の人間として静かに暮らしている。ある夜、馴染みのカフェで娼婦の少女テリー(クロエ・グレース・モレッツ)と出会い、彼女を囲っているロシアンマフィアの非道を知ったことから、彼の中で眠っていた正義感が目を覚まし、彼にしか出来ない「仕事」を遂行していく。
「仕事」、それは警察が介入できない不正やトラブルを 身の周りにあるモノ全てを武器に変え、どんな問題も瞬時に解決すること。
そう、彼は 19秒で世の中の不正を完全抹消する男。"イコライザー"であった。
『トレーニング デイ』のデンゼル・ワシントン(アカデミー賞主演男優賞受賞)とアントワン・フークワ監督が再びタッグを組んだ最新アクション大作。

公式サイトがオープンしました。

http://www.equalizer.jp/

監督:アントワン・フークワ(『トレーニング デイ』、『ザ・シューター極大射程』、『エンド・オブ・ホワイトハウス』)
出演:デンゼル・ワシントン(『トレーニング デイ』、『サブウェイ123 激突』、『2ガンズ』)、クロエ・グレース・モレッツ(『キャリー』)ほか

全米公開日:9月26日(金)
原題:EQUALIZER

10月25日(土)
新宿ピカデリー、丸の内ピカデリー他全国ロードショー

2014年8月 8日 (金)

シネマニュース■ミュータント・タートルズ

『ミュータント・タートルズ』
ド肝を抜く、ド迫力映像
キモカッコいぃぃぃ? ヤツらが大活躍!
特報映像解禁! 初日12月19日(金)に決定!

『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイが新たに仕掛ける最高にクールで熱いヤツらの、アクション・アドベンチャー超大作!

『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイのプロデュースにより、まったく新しいアクション・アドベンチャー超大作として生まれ変わる『ミュータント・タートルズ』(全米公開8月8日/パラマウント配給)の日本公開が12月19日(金)に決定! その初の映像となる特報が解禁された!ニューヨークの地下道に住み、悪の手から街を守る4人のヒーロー、レオナルド、ラファエロ、ドナテロ、ミケランジェロ。最先端のVFXで、実写版の"タートルズ"が世界を駆け巡る!

 ニューヨークは、犯罪と暴力で壊滅的な危機にあった。平和と正義を取り戻すため、市民は本当のヒーローの出現を待ち望んでいた??。そんなとき、悪の手から人々を守る何者かが現れた。夜の闇に巧みに隠れて、その正体はわからないヒーローたち。チャンネル6のTVレポーター、エイプリル(ミーガン・フォックス)はある夜、闇のヒーローの大スクープ写真をカメラに収めることに成功。ヒーローの正体はなんと4人の「カメ」(=タートルズ)だった!

 これまで、幾度となくアニメ、映画、ゲーム化され、今も愛され続ける「タートルズ」。特報では、4人のタートルズの魅力であるコミカルなキャラクターはそのままに、最先端のVFX技術によって彼らのスピード感溢れるアクションが本作で炸裂!エイプリルの前に華麗に現れるリーダーのレオナルド、スケボーで地下道を激走するムードメーカーのミケランジェロ、雪山で魅せる特攻隊長のラファエロと頭脳派ドナテロの連携したアクションを垣間見ることができる。それぞれ武器を巧みに操り、身体能力がずば抜けて高く、言葉も話す!しかも彼らはニンジャ!ニューヨークを守る新たなヒーロー、"ミュータント・タートルズ"ここに誕生!

 製作を務めるのは、最新監督作『トランスフォーマー/ロストエイジ』が全世界で2014年最大の爆発的ヒットとなっている破壊帝王ことマイケル・ベイ。新たにプロデュースを手がける本作でも、『トランスフォーマー』シリーズに並ぶ映像スケールを本作でも堪能できることは間違いない。監督は『タイタンの逆襲』、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』のジョナサン・リーベスマン。脚本は『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』の脚本家が手掛ける。ヒロインのエイプリルを演じるのは、『トランスフォーマー』でマイケル・ベイのミューズとなったミーガン・フォックス。アクション映画最高峰のスタッフ・キャストが集結し、日本の冬をアツくする本格エンターテインメントとニュー・ヒーローに目が離せない!

<ミュータント・タートルズとは?> ミュータンジェンという化学物質によって突然変異で擬人化された、4人のカメの忍者グループ。ニューヨークの下水道の中に暮らしながら、犯罪者やエイリアンと戦い、人々を悪から守っている。1984年にアメリカン・コミックが誕生。その後、アニメとなり映画となり、またゲームに移植し、世界中で爆発的大ヒット!そして2014年、"ミュータント・タートルズ"ブームが再び!

『ミュータント・タートルズ』
製作:マイケル・ベイ(『トランスフォーマー』シリーズ)  
監督:ジョナサン・リーベスマン(『タイタンの逆襲』、『世界侵略:ロサンゼルス決戦』)
脚本:ジョシュ・アッペルバウム&アンドレ・ネメック(『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』) 
原作:ケビン・イーストマン&ピーター・レアード
出演:ミーガン・フォックス、ウィル・アーネット、ウィリアム・フィクナー、ウーピー・ゴールドバーグ
全米公開:8月8日 原題:Teenage Mutant Ninja Turtles www.TURTLES-movie.jp

2014年8月 7日 (木)

シネマニュース■アラサーちゃん

女は「あるある」男は「マニュアル」!
アラサー男女の恋&セックスの手の内をバラした解体新書!
ちょっぴりHなオトナのためのバラエティドラマ

8月16日(土)TSUTAYAだけ でレンタル開始
セル 同日発売

「週刊SPA!」に連載中の、アラサー世代の日常を通し男女の本音を赤裸々に描く4コマ漫画「アラサーちゃん」。同世代から絶大な人気を誇り、単行本が累計30万部を突破しているコミックが満を持して実写ドラマ化した本作が、TSUTAYAだけで8/16(土)よりTSUTAYAだけでレンタル開始が決定致しました。

 妙齢女子の主人公アラサーちゃん(30)には、原作者・峰なゆかから「実写化するならこの人しかいない!」と言わしめた、地上波連続ドラマ初主演となる壇蜜。
 更に、主人公を取り巻く登場人物たちに、オラオラ君(32)役川村陽介、文系くん(32)役忍成修吾、ゆるふわちゃん(34)役みひろ、大衆くん(28)役今野浩喜[キングオブコメディ]、非モテちゃん(29)役川村エミコ[たんぽぽ]、ヤリリンちゃん(26)役信川清順、サバサバちゃん(30)役佐藤仁美、と原作漫画からそのまま飛び出してきたようなメンバーが集結した。
 セックス&恋愛のモヤモヤを一刀両断!原作の魅力を100%搭載し、エロスをたっぷり含んだリアルな男女の恋愛事情を笑いと涙で浄化させる、オトナのための恋愛解体新書ドラマが誕生する!

STORY

 アラサーちゃん。30才。モテと自我の狭間で立ち位置を決めかねている巨乳。元カレで現・セックスフレンドのオラオラ君(イベント会社経営のやり手ながら、チャラい)から急に合コンに誘われたアラサーちゃん。ゆるふわちゃん(カワイイものが大好きな女の子)、大衆くん(ごくごく平均的な男の子)、ヤリリンちゃん(頭も股もゆるいキャバ嬢)たちがお酒も進み盛り上がっているなか、居心地悪そうに取り残された文系くん(書店勤務のメガネ男子)に、アラサーちゃんは恋してしまうのだが…。

【出演】壇 蜜、川村陽介、忍成修吾、みひろ、今野浩喜[キングオブコメディ]、川村エミコ[たんぽぽ]、信川清順、佐藤仁美 ほか
【原作】峰なゆか「アラサーちゃん 無修正」(扶桑社「週刊SPA!」)、「アラサーちゃん」(KADOKAWA)
【構成・脚本】 新井友香、嶋田うれ葉、はしもとこうじ、八代丈寛、十時直子
【企画監修】西田哲也
【監督】瀧 悠輔、武井陽介、日暮 謙
【プロデューサー】山本晃久、浅野由香
【演出・プロデューサー】 工藤里紗(テレビ東京)
【制作】テレビ東京 C&Iエンタテインメント
【製作著作】「アラサーちゃん 無修正」製作委員会

DVD情報

Vol.1 8月16日(土)レンタル開始(レンタルはTSUTAYAだけ)
以降順次レンタル

発売元:「アラサーちゃん 無修正」製作委員会/レンタル販売元:カルチュア・パブリッシャーズ

« 2012年11月 | トップページ | 2014年9月 »

フォト

涼風家(すずかぜや)の電子書籍

  • ブクログのパブー